【所沢市斎場】中包みの書き方の基本

現金は、 中包みに包むか封筒に入れてからのし袋に包みます。
市販のものには封筒式と折式がありますが、どちらも封をする必要はありません。
中包みの書き方ですが、 慶事と弔事では金額を書く位置が違うため、書き間違えて失礼のないよう注意しましょう。

【所沢市斎場】金額の書き方

【所沢市斎場】慶事の金額の書き方

表面の中央に縦書きで金額を書きます。
「金」と数字の間は少しあけておきます。よく「金〇〇円也」という書き方をみかけますが、「也」をつけるのは高額(めやすは10万円以上) の場合ですので注意しましょう。
裏面の左下には少し小さめの文字で住所と姓名を縦書きします。

【所沢市斎場】弔事の金額の書き方

表面には何も書かず、裏面の右下に金額と左下に慶事と同じ体裁で住所と姓名を書きます。
書き方は慶事の場合と同じで問題ありません。

【所沢市斎場】中包みがない場合は奉書紙か半紙で

市販ののし袋に中包みが入っていない場合や、 書き損じてしまった場合は、奉書紙か厚手の半紙でお金を包みます。
コピー用紙を利用してもよいでしょう。
半紙の場合はなるべく厚手のものを使い、 お金が透けて見えないようにします。
白封筒を使ってもかまいませんが、その場合は一重のものを用意します。市関販のものは、 あらかじめ正しい形で封に入っているので、 開けるときによく見て、元通りに包めるよう確かめておくと良いでしょう。

【所沢市斎場】「中包み」と「外包み」

ちょっとしたお礼やお祝い事で現金を贈るとき、 中包みにのしと水引をつけて渡すことがあります。
現在は、封筒にのしと水引が印刷されている印刷金封を用いますが、 これも略式で、正式なものには必ず中包みを上包みで包んだ「外包み」のものを用います。

【所沢市斎場】慶事・弔事は基本が逆

何事も逆になるのが基本
上包みには、 奉書紙を使います。か
つては慶事は2枚、弔事は1枚で包ん
でいましたが、現在では結婚祝いの場
一般的になってきていますが、それでも「1.2、3」といった算用数字は失礼にあ合だけ2枚で包み、それ以外は祝、
も弔事もすべて1枚で包みます。
慶事と弔事では、中包みも上包みも
包み方が逆になるので、 間違えないよ
うにします。 上包みの場合、 慶事は「う
れしくて万歳をする」 「幸せがたくさ
ん入るように」との意から折り返し部
分を上向きにし、弔事は「悲しくてう
つむく」ため(折り返しが)下を向く、
と覚えておくとよいでしょう。
また、現在、市販のものの上包みはほ
とんどが開けやすいように右開き (右
側が上)になっていますが、 本来は慶事
は右開き、 弔事は左開きと逆になって
いました。

【所沢市斎場】弔事の場合も 新札で

慶事では、新しいお札でお祝いの気
持ちを表します。弔事の場合、 かつては、
新札を贈るのはあらかじめ用意してあっ
たような印象を与えるとして敬遠され、
古いお札を使うのが決まりでした。と
ころが、 最近では贈り物に使い古した
お札を使うことを気にする 人も多く、
新札のほうがよいとされるようになっ
ています。しきたりりなどが気になる場合
は、 新札に一度折り目を見つけてから入
れるようにするとよいでしょう。
また、 中包みに入れる場合は、 お札込
の表面(肖像のあるほう)が表、 かつ
肖像が上にくるようにして入れます。

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る