【所沢市斎場】社葬·団体葬でのあいさつ

社葬·団体葬は、会社や団体などで大きな功績を残し、重要な地位にあった故人の死を悼んで行うものです。

葬儀の流れ自体は、個人葬と変わりありませんが、規模が大きく、参列者の範囲も広がり、公的な性
格が出てきます。

【所沢市斎場】喪家側の代表は葬儀委員長

社葬あるいは団体葬を行うかどうかは組織内で図られ、決定するとまず葬儀委員会が組織されます。

その際、喪家側の代表となるのが葬儀委員長です。

一般に社葬や団体葬が決まると、まず身内とごく近しい人で密葬が行われます。その後本葬として杜葬,団体葬が執り行われます。

【所沢市斎場】あいさつの心得

密葬までは親族が取りしきるため、通夜では喪主や親族代表があいさつに立ちます。

ただし、故人の社会的地位などで弔問客が多い場合などは、葬儀委員長があいさつに立つことがあります。

社葬·団体葬では、葬儀委員長が必ずあいさつを述べます。あいさつの内容は、個人葬のものとあまり変わりませんが、対外的に公の意味合いが強くなりますので、団体の代表として恥じないあいさつを心がけましょう。

喪家側があいさつをする場合は、故人が生前会社にお世話になったことや、盛大な葬儀を営んでくれた事へのお礼など述べます。

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る