【所沢市斎場】[終末期編]病名告知、余命告知

日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の2011年の調査によれば、「もしあなたががんにかかったとしたら、その事実を知りたいですか」という質問に対し、74.9%の人が「治る見込みがあってもなくても知りたい」と回答しています。

【所沢市斎場】知りたくても知らされない現実

日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の2011年の調査によれば、「もしあなたががんにかかったとしたら、その事実を知りたいですか」という質問に対し、74.9%の人が「治る見込みがあってもなくても知りたい」と回答しています。多くの人は、治癒の見込みがあるかどうかに関わらず、自分の病名を知りたいと思っているのです。
しかし、現実はどうでしょうか。少し前の調査ですが、2004年の厚生労働省の科学研究費調査では、患者に病名告知をしている病院は45.9%、余命告知までしているのは26.6%、驚くことに、終末期患者のすべてに告知している病院はわずか2.2%でした。
 
 

【所沢市斎場】日本ではほとんど家族に告知される

一方、患者の家族に病名告知する病院は95.8%もありました。患者が治る見込みのない病気にかかった場合、だれに状況を説明するかという質問では、「状況を見て患者か家族」と答えた病院が51.5%あったものの、「家族」という回答も41%ありました。「必ずはじめに患者本人」に告知するという病院は3.7%しかありませんでした。
日本では病名と余命の告知を、まず家族に告知するのが一般的です。告知の可否について、本人の意思が明らかでないので、本人に伝えるかは家族の判断に委ねられてしまうのです。
この調査では、ベッド数が少ない病院や、終末期の患者が多い病院ほど、家族の意向を優先する傾向にあることも明らかになっています。患者の精神的なケアに配慮する余裕がないことが、その一つの原因だと考えられます。
 
 

【所沢市斎場】本人の意思表示で周囲の負担が軽くなる

告知を受けた家族は、病名や余命を本人に伝えるかどうかを決めますが、患者や高齢の場合、「残酷な事実を突きつけるのはかわいそう」と、告知をしないという選択をする人もいます。
患者が告知されていなければ、患者と家族がお互い取り繕いながら、最後の貴重な時間を過ごすことになります。告知されたいかどうかを、あらかじめ患者本人が意思を明らかにしていれば、医師も家族も思い悩まずにすみます。 
 
 

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る