【所沢市斎場】[終末期編]インフォームド・コンセント

2004年に厚生労働省が医療機関におこなった調査では、患者が意思決定できるのに、治療方針などを決める際に「(患者本人に意向をたずねるかどうかも含めて)先に家族の意向を確認する」と回答した医療機関が46.6%もありました。

【所沢市斎場】患者本人が事実を知らされない現実

2004年に厚生労働省が医療機関におこなった調査では、患者が意思決定できるのに、治療方針などを決める際に「(患者本人に意向をたずねるかどうかも含めて)先に家族の意向を確認する」と回答した医療機関が46.6%もありました。
2008年の調査でも、先に本に確認すると回答した医師は8.7%にとどまります。
厚生労働省が公表している終末期医療の指針案では、患者の意思(推定を含む)に基づいて医療者は治療方針を決定するとされていますが、実際の医療現場では、そうはいかないようです。
しかし、患者が自分の治療方法について意思決定するには、医療者から自分の病状や治療について正しく情報を与えられ、理解していることが大前提です。インフォームド・コンセントとは、患者が治療内容について説明を受け、よく理解したうえで(informed)、患者自身の意思で治療内容や方針を決める(consent)ことを言います。治療の内容や手順だけでなく、どんな副作用があるか、他にはどのような代替療法があるか、どのような効果がどれくらいの確率で期待できるか、再発の可能性はどのくらいあるのかなどの情報を知ったうえで、治療方針を患者が医療者と決めることが望ましいとされています。

【所沢市斎場】意思から説明を受けるときの注意点

医師の説明には、しばしば専門用語が出てきます。正しく理解するには、わからない言葉があれば、その場できちんと医師にたずねることです。また「○○の疑いがあります」と、あいまいな表現で説明されることもありますが、この場合は、はっきりと断定できない理由をたずねましょう。あいまいなままにしておくと、悪い方に考えてしまい、不安がどんどん増大してしまいます。
医師の話を聞くときは必ずメモを取るか、医師にメモを書いてもらうのも一案です。その場では理解したつもりでも、後で家族に正しく伝えられなかったり、気が動転して記憶が間違っていたりすることもあります。医師の許可を得てボイスレコーダーで会話を録音するのも一案ですが、病院によっては録音禁止のところもあります。

【所沢市斎場】ワンポイントアドバイス

普段ちょっとした体調不良で病院にかかる場合でも、いつからどんな症状がるのかをメモし、それを見ながら医師に話す習慣をつけておきましょう。自分の症状を正しく医師に伝える練習にもなります。

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る