【所沢市斎場】〔お葬式〕編  お葬式にかかる費用

葬儀社によって、葬儀一式○○円という「セット型」と、個別の商品やサービスを自由に組み合わせる「フリー型」があります。あらかじめ生前に決めておくなら「フリー型」がよいのですが、家族がなくなってすぐ、「棺は、祭壇は、霊柩車は」などと一つひとつ悠長に選んでいる精神的な余裕は遺族にはないので、セット型が便利です。

【所沢市斎場】お葬式にかかる費用は、一般的に3つの合計を指します。

1.葬儀施工費用…祭壇や花、会葬御礼状、火葬料や霊柩車、司会の人件費など。
 
2.飲食接待費用…香典返しや会葬御礼品、通夜ぶるまいや精進落としなど。
 
3.宗教費用…仏式の場合は僧侶へのお布施。お寺で葬儀をする場合は会場使用料なども必要
 
 

【所沢市斎場】

まず1.ですが、葬儀社によって、葬儀一式○○円という「セット型」と、個別の商品やサービスを自由に組み合わせる「フリー型」があります。あらかじめ生前に決めておくなら「フリー型」がよいのですが、家族がなくなってすぐ、「棺は、祭壇は、霊柩車は」などと一つひとつ悠長に選んでいる精神的な余裕は遺族にはないので、セット型が便利です。
しかし、葬儀社によって基本セットの内容が異なり、また、それだけではお葬式が出せないことも少なくありません。例えば、基本セットに1日分のドライアイスを含んでいる葬儀社もあれば、別途請求する業者もあります。
こんなケースもあります。「駅から葬儀会館までの道案内の立て看板を、追加で設置した」「想定以上に参列者が多くなりそうなので、葬儀社のスタッフを1人追加した」「セットの遺影は白黒なので、カラー写真に変更した」といったことで、追加料金がかさむこともあります。
2.の飲食接待費用は、一般的に参列者が多いほどかさむ傾向にありますが、家族やごく親しい人たちでこぢんまりとお葬式をする場合でも、お料理に費用をかけたいと考える人もいます。宗教色のないお葬式をするのなら、3.の宗教費用は不要ですが、単価の高い花を使ったり、故人らしい演出にお金をかけたりすれば、1.の葬儀施設費用がかえってかさんでしまう場合もあります。つまり、お葬式にどれくらい費用がかかるかは、参列者の数やどこでどんなお葬式をしたいかによって異なってくるのです。

【所沢市斎場】葬儀費用でトラブルを防ぐために

納得のいくお葬式をするためには、あらかじめお葬式のイメージを考え、葬儀社で見積もりを取ったり、菩提寺がある人は住職とよく相談したりしておくことが必要です。ほとんどの葬儀社は葬儀費用を事前に見積もってくれますので、どんなお葬式にしたいのか、元気なうちに相談することをおすすめします。そのうえで、自分の希望を書き出し、どうしてほしいのかを家族や友人に伝えておきましょう。
納得のいくお葬式をするうえで大切なのは以下の4点です。
 
1.最低でも2社の葬儀社で見積もりを取り、比較すること。
 
2.基本料金に何が含まれているのか、含まれていない商品やサービスで必要なものは何かを確認し、それらの料金を把握しておくこと。
 
3.不必要な商品やサービスを契約しないこと
 
4.情に流されないこと。心のこもったお別れと葬儀費用は比例するわけではありません。
 
公正取引委員会が2005年に発表した調査によれば、喪主の約6割が、故人の死亡後に葬儀社を決めていました。しかもそのほとんどは、サービス内容や料金を他の業者と比較していませんでした。そもそも見積もりをもらっていない遺族も3割を超えていました。
一方、国民生活センターや消費者センターへの葬儀に関する苦情相談件数は、2006年度の316件から2011年度には641件と倍増しています。見積額と請求額が異なるなど、葬儀の契約や解約のトラブルに関する苦情が多いのが特徴です。
日本消費者協会の調査では、葬儀費用の全国平均は230万円を超えています。最多価格帯は100万円台ですので、この平均費用は実態よりかなり高いと思われます。平均値に惑わされないようにしましょう。

【所沢市斎場】ワンポイントアドバイス

普段なら、熟慮せず何十万円、何百万円の買い物をする人はいないはずです。事が起きてからではなく、冷静に判断できるうちに、お葬式の見積もりを取っておくことをおすすめします。

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る