【所沢市斎場】〔お葬式〕編  火葬と土葬

日本の火葬率は99.9%を超えており、日本は世界でも有数の火葬国です。一方、遺体をどう処理するかは宗教や文化によっても異なります。例えば、イスラムやユダヤ教は火葬を認めていませんし、ヒンズー教では遺体を野焼きし、燃え残った遺骨は海などに流すのが一般的です。

【所沢市斎場】世界の様々な葬送

日本の火葬率は99.9%を超えており、日本は世界でも有数の火葬国です。一方、遺体をどう処理するかは宗教や文化によっても異なります。例えば、イスラムやユダヤ教は火葬を認めていませんし、ヒンズー教では遺体を野焼きし、燃え残った遺骨は海などに流すのが一般的です。チベットでは、ハゲタカなどに遺体を食べさせる「鳥葬(ちょうそう)」がよく知られています。
日本でも、かつては風葬をする地域がありました。風葬とは、洞窟などに遺体を安置し、風雨にさらされるうちに白骨化するという葬り方です。沖縄の久高島(くだかじま)では1960年代まで風葬が残っていたと言われていますし、同じく浦添市(うらぞえし)では、沖縄戦で使用された避難壕が、もとは風葬の場であったことが明らかになっています。

【所沢市斎場】日本でも土葬が可能な場合がある

現在、日本で認められている葬法は、火葬、土葬、水葬です。しかし、水葬は誰でもできるわけではありません。船員法15条には「船長は、船舶の航行中船内にある者が死亡したときは、国土交通省令の定めるところにより、これを水葬に付すことができる」とあり、これに該当しない場合には、水葬にすることはできません。
また土葬については、大都市の多くは市町村条例で禁じていますし、条例制定をしていない自治体でも、土葬の許可は下りにくいのが現状です。東日本大震災では、亡くなった大勢の人の遺体をすぐに火葬することができず、土葬にする必要が生じました。宮城県内では、ほとんどの自治体が土葬を禁じていましたが、「地下水などの飲用水に影響しない」「住民感情に配慮する」といったマニュアルを作成し、特例措置として土葬に踏み切った経緯があります。
宗教的な理由で土葬しかできないケースもあります。日本には、在留外国人のイスラム教徒が約10万人、イスラム教徒との国際結婚などで改宗した日本人は1万人ほどいます。イスラム教徒は土葬しかできませんが、現在、イスラム教徒専用の土葬区画は、余市町(北海道)、塩山市(山梨)、静岡市の3か所の霊園にしかありません(2013年時点)。
そもそも土葬を許可している自治体が少ないうえ、土葬を敬遠する住民の反対が根強いからです。
また、「自然に還る土葬がよい」と、個人的な価値観から土葬を希望する人もいます。土葬の習慣が残っている自治体は探せば不可能ではありませんが、その土地と縁のない部外者が、集落の土葬墓地を使用できるかは疑問です

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る