【所沢市斎場】死に対する不安と怖れの正体

2011年に日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の依頼で実施した調査によれば、医師に「死期が近い」と宣告されても「心配や不安はない」とした人は3.6%にすぎず、ほとんどの人は何らかの心配事を持っていることがわかっています。

【所沢市斎場】不安の多くは、死別による喪失感

2011年に日本ホスピス・緩和ケア研究振興財団の依頼で実施した調査によれば、医師に「死期が近い」と宣告されても「心配や不安はない」とした人は3.6%にすぎず、ほとんどの人は何らかの心配事を持っていることがわかっています。
心配事の内容でもっとも多かったのは「病気が悪化するにつれ、痛みや苦しみがあるのではないかということ」でしたが、こうした不安は、ぽっくり願望にもつながっています。長患いをして家族に迷惑をかけたくないという思いもありますが、闘病で苦しみたくないからぼっくり死にたいと考える人が多いことは、前述したとおりです。
 
 

【所沢市斎場】日本と世界の緩和ケア

しかし、治癒の見込みがなく、死期が迫っているのならば、痛みや苦しみがないほうがよいと考える人が多い一方で、国際的に見れば、日本の緩和ケアはまだまだ後れています。例えば、がんの痛みは医療用麻薬で緩和することができますが、日本では、患者1人当たりのモルヒネの使用量は欧米の7分の1から半分です。医療用麻薬全体では、アメリカで使用されている量のわずか5%しかありません。
 
 

【所沢市斎場】患者の不安について、医療者の役目は

日本では、「患者が痛みや苦しみに耐えるのは当たり前」という意識が強いので、医療者のなかでも、患者の痛みの緩和にあまり関心が向けてこられなかったという背景もあります。治癒の見込みがなく、死が避けられないのであれば、痛みや苦しみにある患者がどうしたら快適に生活ができるかという問題に、もっと社会は目を向けなければなりません。痛みや苦しみが死に際しての大きな不安であるならば、最優先にこの不安を取り除いてあげるのが医療者の役目であるはずです。
また、「家族や親友と別れなければならないこと」「遺された家族が精神的に立ち直れるかということ」など、遺される家族との関係に関する項目や、「自分のやりたいことがやれずじまいになること」を挙げる人も半数近くいました。
一方、「自分の存在が消滅すること」「自分がこの世から忘れられてしまうのではないかということ」への不安は少なく、死そのものによる不安よりも、死別による喪失感を不安に思う人が圧倒的に多いと言えます。
 
 

【所沢市斎場】大切な人との別れは突然訪れる

死を避けることはできませんが、死に際して抱えるさまざまな不安を軽減することはできます。「遺された家族が経済的に困るのではないか」と不安に思うのであれば、生命保険に加入しておくのもひとつの解決策でしょう。闘病や治療の過程で痛みや苦しみがあるのではないかという不安があるのであれば、痛みを緩和する手段があることを知るだけでも、心が少し軽くなるかもしれません。「自分のやりたいことがやれずじまいになること」が不安なのであれば、自分のやりたいことをリストにし、優先順位をつけてみるとよいでしょう。この作業は、治癒の見込みがない病気などで死に直面していなくても、自分の生活を振り返るうえで、とても意味があると思います。
 
 

【所沢市斎場】今この瞬間を大切にするという気持ち

知人の父は、発病してから3か月で亡くなり、そして知人は突然死しています。2人とも仕事をしていましたので、やり残したことがあったでしょうし、仕事を引退したら、将来やってみたい夢もあったはずです。家族とあっけない死別を経験し、わたしは今この瞬間を大切にしたいという気持ちがとても強くなりました。これまでは日常の忙しさにかまけ、「そのうちに……」と後回しすることがよくありましたが、会いたい人、やっておきたいこと、行ってみたい場所などがあれば、即行動することを心がけるようになりました。
 
 

【所沢市斎場】遺される人の不安

何が自分にとって大切なのか、身近な人の死からたくさん学びました。しかし死に際して、「家族や親友と別れなければならないこと」「遺された家族が精神的に立ち直れるかということ」といった不安を軽減する方法は、なかなか見つかりません。この世に生まれたかぎりは、大切な人と死別するのが宿命です。そしてこの不安は、死にゆく人だけでなく、遺される人も同様に抱える不安なのです。しかも、前述したように、自分が死ぬことの怖れよりも、大切な人に死なれる怖れのほうが大きいということからも、遺される人の不安のほうがむしろ大きいかもしれません。

【所沢市斎場】不安を抱えた人ほど死そのものを怖れる

それでは、死ぬのが恐いという意識と、死に際して抱えるさまざまな不安とは、どんな関連があるのでしょうか。ある調査では、男女ともに、「病気が悪化するにつれ、痛みや苦しみがあるのではないか」「自分が死ぬと、自分はどうなるのか、どこへ行くのか」という不安がある人ほど、死ぬのが恐くなることがわかりました。「自分が死ぬと、自分はどうなるのか、どこへ行くのか」という不安を持っている人は、痛みへの不安、大切な人との死別への不安、やりたいことがやれずじまいになることへの不安に比べると人数は少ないのですが、死後への不安を持っている人は、痛みへの不安を持っている人と同様に、死を怖れるという傾向が顕著に見られたのです。死に向かうプロセスと死んだ後のゆくえに不安があると、死そのものを怖れるというわけです。
死んだ後にどうなるのかということについては、さまざまな宗教が死後の世界を説いています。こうした死後の世界を信じるか信じないかは別にして、死んだらどうなるのかについては、死んで戻ってきた人がいないので、だれにもわかりません。
 
 

【所沢市斎場】死期が迫ると見ることがあるお迎えについて

しかし、死期が迫っている患者のなかには、「お母さんが会いに来た」などと、死んだ人に会ったと言い張る人が少なくありません。
宮城県内の医師らが文科省の助成で2011年におこなった調査によれば、在宅で亡くなった患者の遺族のうち、「故人が生前、お迎えについて語った。あるいは、見たり感じたりしているようだった」と回答した人は4割以上もいたそうです。お迎えに来た人でもっとも多かったのは、両親や友人などすでに亡くなった人たちですが、ネコやイヌなど飼っていたペットが現れることもあるそうです。また、懐かしいふるさとの山々など思い出の風景を見ることもあります。
 
 

【所沢市斎場】死んだらどこへ行くのかということがそれほど大きな不安

ある知り合いは、亡くなる直前には、母親の夢を見たのか、夢うつつで意識が朦朧とするなか、自分の妻を母親と見間違えることがありました。このように、懐かしいシーンが目の前に現れたり、あの世で懐かしい人に会えると思ったりすることで死への恐怖が和らぐのであれば、死んだ後にどうなるのかという不安は薄れるのかもしれません。あるいは、自分が死んだ後も、折に触れて自分のことを思い出してくれる人がいるだろうという確信があれば、死んだらどこへ行くのかということがそれほど大きな不安にはならないのかもしれません。
 
 

【所沢市斎場】死後の安心のきずな

遺された人たちでお葬式をしたり、法事をしたり、墓参りをしたりすることは、故人のためだけではなく、いつか自分も死んだら、こうやって先祖になっていくのだという死後の安心のきずなになるはずです。
 
 

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る