【所沢市斎場】遺される側の死の喪失感

死別に伴う喪失感は、亡くなった相手に愛着や愛情があるほど、大きな影響を与えます。

【所沢市斎場】大切な人と死別した場合の段階

死別に伴う喪失感は、亡くなった相手に愛着や愛情があるほど、大きな影響を与えます。故人との関係によっても、喪失感に濃淡はあります。例えば、父親と死別した子どもでは、父親との関係性によって、きょうだいそれぞれが抱く感情は異なります。
これまでの研究では、大切な人と死別した場合
1.ショック
2.虚脱
3.閉じこもり
4.適応
という段階を経るとされています。この4段階が順番どおりにいくわけではなく、行きつ戻りつする場合もありますし、2つの段階が同時に起こることもあります。どのくらいの期間がたてば、その人がこの世にいないという状況に適応できるのかも、人によってさまざまです。

【所沢市斎場】亡くなった瞬間をよく覚えていない、と言う方も少なくない

大切な人と死別した時に、多くの人は「ショック」を受けます。これが第1段階です。近しい方が亡くなった時に、訃報を受けたときや、亡くなった瞬間をよく覚えていない、と言う方も少なくないのではないでしょうか。
悲しかったり、予期せぬことがおったりすると、人間の思考が停止するような感覚になる人が多くいます。ある種の感情が麻痺した状態を体験することで、食事をしても味を感じず、病院からどうやって自宅まで戻ったのか、ということを覚えていないという人もいます。
第2段階の「虚脱」では、故人の姿を思い起こして悲しみにくれたり、探し求めたりすることがありますし、第3段階の「閉じこもり」期では、孤独感に襲われたり、怒ったり、泣いたりといった感情の起伏が激しくなります。不眠にさいなまれることもあります。
遺族が味わう不安感としては、夜中に息苦しさを覚え、何度も目が覚めたり、窒息するのではないかという不安感に襲われる、楽しそうに生活している他人に対して腹が立つ、おいしい食事や美しい景色を見たときに「故人にはもう二度と経験させてあげられないのだ」と申し訳なさを感じる、などがあります。
人によっては、この過程でうつ状態になったり、心身のバランスを崩したりすることもあります。後追い自殺をする事件もあります。そのうちに、第4段階の、大切な人がこの世にいないという状況に「適応」できるときが訪れるのですが、遺された人の心の葛藤について、周囲の人はもちろん、社会ももっと理解を示す必要があります。

所沢市斎場のご案内 by所沢市セレモニー 葬儀・家族葬お役立ちサービス

所沢市斎場案内センターの「葬儀お役立ちサービス」では、
「事前相談」「アフターケア」「供花・供物」「よくある質問」のご紹介を致します。
どれも葬儀を執り行う方が必ずお考えいただく内容かと思いますので、
段取りのこと、式場のこと、案内のこと、そして何よりも費用のことなど、
気になる事があればまずは当センターにお問合せください。
もしもの時に備えて事前に葬儀、家族葬についてご相談ください。
葬儀後の流れが良くわからない場合も丁寧に対応いたします。
供花・供物のご注文をメール・FAXにてお承りしております。
よくあるご質問についてまとめています

トップに戻る